スクエアトート(アフリカンバティック アンティーク a )

みなさん、こんにちは。週のスタート月曜日です。春のお彼岸ですね。すっかり春めいてきてはいますが、北海道はこの時期まだまだ雪が深く残っており、春のお彼岸では、雪に埋もれたお墓をスコップで掘り出して拝むといった光景がよく見られます。ともあれ、もうまもなく雪も解けて、北海道にも本格的な春がやって来るでしょう。ウキウキします。本当にうれしい!

 

さて今日は、大胆でカラフルな「アフリカンバティック」のアンティーク生地で作った「スクエアトート」を紹介します。

 

バティックとは「ろうけつ染め」のこと。バティックといえばインドネシアが有名ですが、実はこのアフリカンバティックも起源はインドネシアにあり、インドネシアを植民地支配していたオランダを通じて、アフリカ大陸へもたらされたんだとか。その技法と、アフリカ特有の大胆でカラフルなデザインとが融合し、独自の進化を遂げてきたんだそうです。

 

 

このバッグに使った生地も、ダイナミックで、色使いも大胆ですが、一方でどこか落ち着いたかわいらしさがあります。アンティーク生地なので多少の色抜けやかすれがあり、それが何とも言えない味わいになっています。

 

スクエア型のバッグでサイズもたっぷり。肩にかけられる長めの持ち手と、手で握って持つ短い持ち手が付いていて、2通りの使い方ができる実用性のあるバッグです。持ち手にはコットンテープを重ねてあり、丈夫なつくり。

 

たたむとコンパクトになるので持ち歩きのサブバッグにもおすすめ。スーパーなどにお買い物に行く時や旅行などの際にとっても便利に使えます。

 

春の明るい日差しにもきれいに映えるアフリカンバティック。持っているだけで気分を新鮮に、華やかにしてくれるようなトートバッグです。

 

サイズ:縦43cm 横45cm 持ち手58cm、短い持ち手16cm
素材:綿 100%

https://cholon.shop/items/5a38973e92d75f699200036f