あたらしいロゴ

cholonのオンラインショップが再スタートして3カ月、ロゴをリニューアルしようかなぁと思いながらものんびりしてしまっていたのですが、ついに!先日出来上がったのでお披露目します。うれしい(๑・̑◡・̑๑)

 

あらためてチョロンの名前について紹介すると……チョロンはベトナム・ホーチミン市にあるチャイナタウンの通称で、直訳すると「大きな市場」という意味です。チャイナタウンの中心にビンタイ市場という大きな卸市場があることから、昔からこのあたりはチョロンと呼ばれています。1996年に初めてここを訪れ、ベトナムと中国の様式がミックスされた街の雰囲気が好きになり、迷わずチョロンを店の名前にしました。

 

筆記体で書いたロゴをよく見ると、文字の上や下に点などの記号が付いています。これはベトナム語独特の表記方法。ふたつあるoの右肩に付いているアポストロフィは母音記号、前のoの下にある点と、後ろのoの上の斜め線の記号は声調記号です。ベトナム語には6つの声調があります。種類は多いですけど文字に表記されるので読み方のルールを覚えると発音はしやすいんです。

 

20年前に店をオープンしてからの数年間、ロゴはベトナム語表記でした。その後デザインを変え、アルファベットのみのロゴを使っていましたが、今回またベトナム語表記にしたのでなんだか初心に戻ったような気分です。

 

ロゴに筆記体を使ったのは初めて。動きのある自由な線とやわらかい雰囲気が良いなぁと気に入ってます。

(佐々木智子)

#cholon
#チョロン
#あたらしいロゴ
#筆記体
#ベトナム語
#ホーチミン